不動産を任せるマンション管理会社選びの要【サービスの品質が高い】

記事リスト

信頼できるパートナー選び

マンション

修繕計画の有無を比較

サラリーマン大家さんが増えています。自分の老後資金を自分で作るためには、投資は欠かせません。しかし、リスクが高くては、老後資金は作れません。そこで注目されているのが、リスクは低いながらも十分な利回りを得られる不動産投資です。特に少ない自己資金で始められる区分マンション投資は、多くの方から支持を集めています。区分マンション投資は、マンション管理会社選びから始まります。一般的にマンション管理会社とマンション投資会社は一緒であるため、物件を選びながら管理の質を見極めます。管理の質は、入居率で判断できます。少なくとも95%の入居率を維持しているマンション管理会社を選ぶことで、安定した家賃収入を得られるでしょう。また、リフォームやリノベーションの計画を最初から提案するかも、マンション管理会社選びでは重要です。投資開始から15年から20年ほど経つと、室内の劣化は避けられません。しかし、適切な修繕を行えば、入居率の低下を防げます。マンション管理会社の営業マンにとって、「将来このマンションは劣化します。」と投資家に告げるのは非常にハードルが高いものです。それでも将来を見越して提案するマンション管理会社こそ、投資家が選ぶべきマンション管理会社です。リフォームやリノベーションの実績が豊富かも確認すれば、長期間に渡る安心の投資を始められます。サラリーマン大家さんにとって、マンション管理会社は投資パートナーです。無料のセミナーを開催しているマンション管理会社もあるため、積極的に各会社を比較しましょう。